忍者ブログ
見た映画忘れないように記録します。あくまで個人的感想なので、あしからず・・・。結構個人的趣味も入りまくりなので(゚ー゚;Aアセアセ   TB歓迎です。(関係無ものに関しては削除致します。)
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

監督:ソフィア・コッポラ
時間:123分
公式サイト→

オーストリア皇女マリー(キルステン・ダンスト)は、
母マリア・テレジア(マリアンヌ・フェイスフル)の20070226-25.jpg
命令で14歳にしてフランス王太子
ルイ16世(ジェイソン・シュワルツマン)の元へ
嫁ぐことになった。
結婚生活に胸を膨らませていたが、
待ち受けていたのは、上辺だけ取り繕った
ベルサイユ宮殿の人々と、愛情のない夫婦生活。
ルイは必要な事以外はマリーと口もきかず、
同じベッドに寝ていても、指一本触れない。
愛情深く育ったマリーだったが、
悪意溢れる噂に傷つき、やがて贅沢なドレスや
パーティーに心の安らぎを求めるようになる。


今日はお仕事が休みという事で、久しぶりに映画を見てきました
睡眠時間が少ないから、眠かったぁ

ヴェルサイユの中で初めての撮影という事で、かなり期待してました。
ベル薔薇が好きなので、マリーアントワネット関連作品は
結構見ていたのですが、その中でも、今までとは少し違ったかなぁ・・・。 フェルゼンが出てくるまでも長いし、本当に、メインが妃殿下 その他の人物が、インパクト弱かったなぁ。 背景は、実在の場所で撮影という事で、やはり素敵でした。
衣装とか、出てくるものとかもお洒落で可愛かったけど、音楽が派手だった よくある、マリーアントワネットの生涯的な部分より、
気ままな生活部分が多かったなぁ
「ベル薔薇」好きな人なら分かると思うけど、
ポリニャック婦人とか影が薄!!
その分デ・バリュー婦人が印象強いけどwww つまらなくもないけど、内容に反して、印象も薄かった気がします。 個人的には、わりと好きですけどね







田舎をモチーフにした生活は実際にしていたそうです^^
卵のシーンとかなんか、王妃なんだな~って感じで面白かったw

お薦め度 ★★★☆


やはり、マリーアントワネットが、群衆に向かって、
頭を下げるシーンは、好きですねぇ 後、子役の、マリーテレーザ役の子が、凄く可愛い 可愛すぎでメロメロ(死語)でしたわ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 映画「マリー・アントワネット」
原題:Marie-Antoinette 「ベルばら」でも有名な彼女は、オーストリアはハプスブルグ家の女帝マリア・テレジアの末娘として生まれ、フランスはルイ15世の王太子と政略結婚する・・ 白馬を連ねてフランスへと向かい、後のルイ16世となる王太子と引き合わされたとき、マ
[茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ ] ×URL   2007/02/23(Fri) 12:08:56
 映画 『マリー・アントワネット』
映画『マリー・アントワネット』の感想文
[おれさまな海賊船 blog ] ×URL   2007/02/24(Sat) 23:04:48
 上映終了間近の「マリー・アントワネット」見てきました。
 上映終了間近のマリー・アントワネットをやっと、やっと見てきました。
[よしなしごと ] ×URL   2007/02/26(Mon) 02:57:50
 マリー・アントワネット
最も愛され、最も憎まれた、世界一有名な王妃マリー・アントワネットに、新たな光をあてた物語。・・・・有名な悲劇の王妃マリー・アントワネットの物語を、1人の女性の成長期としてとらえた宮廷絵巻。幼くして故郷を離れ、異郷フランスの王室で必死に生きた女性の激動の人生...
[パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ] ×URL   2007/02/27(Tue) 13:00:14
 【2007-7】マリー・アントワネット(MARIE ANTOINETTE)
14歳で結婚、 18歳でフランス王妃、 彼女の名は、マリー・アントワネット 恋をした、朝まで遊んだ、 全世界に見つめられながら。 豪華なヴェルサイユ宮殿に暮らす孤独な王妃の物語。
[ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ] ×URL   2007/03/04(Sun) 23:09:13
 ☆ 『マリー・アントワネット / MARIE ANTOINETTE 』 ☆
ストーリーが重視された史劇を期待して観ると、完全に肩透かしをくってしまう作品だけど、華やかな衣装、カラフルな色のケーキの数々、本物のベルサイユ宮殿で撮影された宮殿内の内装、装飾品、美術品は素晴らしい それプラスPOPな雰囲気も、乙女心をくすぐり(私にそんなの...
[honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 ] ×URL   2007/03/05(Mon) 07:00:20
 王妃マリー・アントワネットの失敗
今年になって公開された映画に『マリー・アントワネット』という作品があります。 マリー・アントワネットという人を、歴史上の人物としてというより、一人の生身の女性として捉え、その喜びや苦悩を、華麗にして美しい
[百日紅!の独白       〜無我なる愛を求めて〜 ] ×URL   2007/03/15(Thu) 00:36:47
 マリー・アントワネット
 ソフィア・コッポラ監督の映画「マリー・アントワネット」を見ました。 マリー・アントワネット  オーストリア皇女マリーは14歳の時にフランス王太子ルイ16世の元に嫁ぐことになります。しかし、フランスに嫁ぐということはオーストリアの全てを捨てるというこ
[シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記 ] ×URL   2007/03/17(Sat) 11:30:49
 マリー・アントワネット
お菓子好きの妹に誘われて ケーキ好きの間では有名なフードライター(?)が主宰する ケーキを食べる会に参加した時、 映画のブログをやっていると言ったら この映画観ましたか?と何回も聞かれました。 お菓子の監修を フランス菓子の老舗”ラデュレ”がというお店がやってい
[映画、言いたい放題! ] ×URL   2008/01/29(Tue) 01:37:27

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 窓の外 街路樹の道 ] All Rights Reserved.
http://blackcamui.blog.shinobi.jp/

検索
Shop.TOL
by TSUTAYA online




↓ブログ内検索↓
お小遣いサイト


懸賞・小遣い ちょびリッチ