忍者ブログ
見た映画忘れないように記録します。あくまで個人的感想なので、あしからず・・・。結構個人的趣味も入りまくりなので(゚ー゚;Aアセアセ   TB歓迎です。(関係無ものに関しては削除致します。)
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

監督:テリー・ジョージ
時間:122分
公式サイト→b27aab81.jpg

1994年アフリカのルワンダでは、
長年にわたる民族抗争がエスカレートし、
ついに大虐殺に発展した。
そんな中、ルワンダの高級ホテルの支配人を
務めるフツ族のポール(ドン・チードル)は、
ツチ族である妻と、家族だけでも護ろうとしていた。
だが、彼を頼って集まってきた難民達を見ているうちに、
彼の心の中に変化がおき、独り虐殺者たちと対峙することに…。



実話を元に作られた本作品ですが、思ったより感動はなかったです。
感動はないけれど、一度は見て、そして、こういう事が二度と起きないように、
そして、差別や、争いのない世界を作るには・・・・?を考えたい。

同じ人間として、何が違うのか?生活習慣に違いはあるとしても、
家族を思いやり、友人を大切にする。
そのことには違いないのに、なんで、虐殺が起きてしまうんだろう(´・ω・`)

憎しみは憎しみを生むだけ。
たとえ凶悪犯にでも、家族がいる。

殺したいほど憎い相手がいるかもしれない
この世の中は腐ってるかもしれない(腐りきってるよねぇw)
でも、頑張って生きていこうとしている人を、どうして殺せるのだろう?
生きていく上でそんな事考えてもキリがないけどさ・・・。

地味な作品だったけど、面白い面白くないは別として、
起こってしまった現実として、見て欲しい作品でした。
お薦め度 ★★★

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 映画「ホテル・ルワンダ」
原題:Hotel Rwanda 1994年、アフリカはルワンダで民族の対立による大量虐殺の嵐が吹き荒れるなか、逃げまどう人々をホテル"ミル・コリン"にかくまう支配人の物語。 時代は、フツ族とツチ族の内戦がようやく終結をみるが、当時のフツ族大統領が暗殺された
[茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ ] ×URL   2007/01/12(Fri) 00:39:31
 『ホテル・ルワンダ』を観たぞ〜!
『ホテル・ルワンダ』を観ましたルワンダ事件(100日で100万人が虐殺された)を背景に、愛する家族を守りたいという想いをきっかけに1200人もの命を救ったホテルマンの行動を描いた実録社会派ドラマです>>『ホテル・ルワンダ』関連原題:HOTELRWANDAジャンル:社会...
[おきらく楽天 映画生活 ] ×URL   2007/09/17(Mon) 23:04:18

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 窓の外 街路樹の道 ] All Rights Reserved.
http://blackcamui.blog.shinobi.jp/

検索
Shop.TOL
by TSUTAYA online




↓ブログ内検索↓
お小遣いサイト


懸賞・小遣い ちょびリッチ