忍者ブログ
見た映画忘れないように記録します。あくまで個人的感想なので、あしからず・・・。結構個人的趣味も入りまくりなので(゚ー゚;Aアセアセ   TB歓迎です。(関係無ものに関しては削除致します。)
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

監督:キム・ソンス
64a173aa.jpg時間:133分

1375年・元から明へと王朝が移り変わる激動の中国。
高麗王朝から明へと放たれた外交使節団は、
スパイ容疑のため砂漠の彼方に流刑されてしまう。
使節団の団長は、砂漠を行き交う
荒くれ者の行商隊や元の部隊の中に、
元王朝に捉えられた明の姫がいる事を知る。
姫を明に送り届ける事で明に取り入ろうと考えた将軍。
追撃する元の軍隊は
「姫を渡さなければ皆殺しにする」と警を発する。
姫を引き渡し、戦いを避け、
高麗に無事戻る事を選ぶのか?
誇りのために戦い続けるのか―?
思いを交錯させる武士達は、
やがてひとつの決断を下す・・・・・。



『武士』これぞ男ですよ(*´ェ`*)ポッ
かっこよくて惚れ惚れしてしまいました
全体的な色使いが、統一されているので、見やすかったような気がします。

ただ、私には、どうも役者さんの見分けが微妙でした
はじめは、「姫、姫」と敬っていた人々が、大切な人達が殺されたら、疫病神と罵る、
それを見て、人間って自分勝手だなぁ~とつくづく思ってしまいました。
そんな中でも、人の事を考え、行動できる人って、本当に素晴らしいと思います。

戦闘シーンが結構グロイので、苦手な方は見ないほうが良いかも・・・
武将として、命をかけて戦い、愛する人の為に命を張る。
そんな『武士』な男性に出会いたいものです
お勧め度 ★★★★☆

私は個人的に、ヨソル(チョン・ウソン・)がかっこよくて・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
他の作品見たことないからわからないけど、
『武士-MUSA-』だと、ちょっと豊川さんに似てません?
ラストの、姫の為に命をかけるシーン!
ほんと素敵・・・・(*´ェ`*)ポッ
素敵だけど、愛する人が目の前で死んだらやだなぁ・・・・
まぁ、そこまで愛した人なら後追いますけどね・・・。
アジア映画のアクションって似たり寄ったりなのに、
いつ見ても、かっこいいのはなぜでしょう?
私が好きだからかなぁ?

2005年01月02日(日) 23:20

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 映画「MUSA -武士-」
元から明へと時代が変わろうとする頃、明と友好関係を築くため、1375年に南京城へと向かった実在の高麗王朝の使節団の過酷な運命の物語。 南京城に辿り着いたらスパイ容疑で砂漠地帯へ流刑、途中で元軍に襲撃され明兵が全滅、使節団は放置される。チェ・ジョン将軍(
[茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ ] ×URL   2006/12/05(Tue) 01:30:13

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 窓の外 街路樹の道 ] All Rights Reserved.
http://blackcamui.blog.shinobi.jp/

検索
Shop.TOL
by TSUTAYA online




↓ブログ内検索↓
お小遣いサイト


懸賞・小遣い ちょびリッチ