忍者ブログ
見た映画忘れないように記録します。あくまで個人的感想なので、あしからず・・・。結構個人的趣味も入りまくりなので(゚ー゚;Aアセアセ   TB歓迎です。(関係無ものに関しては削除致します。)
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

監督:アンドリュー・ラウ
Daisy.jpg時間:125分
公式サイト→

画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)には
匿名でデイジーの花を届けてくれる
姿さえ見せない人に恋をしていた。
ある日肖像画の客として現れた
ジョンウ(イ・ソンジェ)こそがその人と確信し、
恋に落ちるヘヨン。
しかし本当の贈り主は、刑事であるジョンウが追う
孤高の暗殺者パクウィ(チョン・ウソン)だった。
交差する3人の運命は、思いがけぬ方向に発展し・・・。



大好きな、チョン・ウソン様が出演という事で、
内容にはそこまで惹かれなかったのですが、見る事に

個人的には、面白いって絶賛出来る程の作品ではなかったのですが、
でも、ラストは、卑怯だよ~って位、パクウィがかっこよすぎw
口の動きを読んで、心を動かされるパクウィに、感動しちゃいました il||li _| ̄|○ il||li
まぁ、ウソンさんが好きだから、泣けたのかもw

背景とか、音楽とか、悪くはなかったけど、イマイチ印象派薄いかなぁ。
キャストは豪華だとは思いましたが・・・。

あまり、ヘヨンに感情移入できませんでしたし・・・。

お薦め度 ★★(チョン・ウソンファンなら3つかなw)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 映画「デイジー」
原題:Daisy 25歳にして、純粋培養無垢でうぶな、恋に恋する女性の、勘違いに始まる悲劇のラブストーリー、無償の愛にハッピーエンドは訪れるのか・・。 なぜかあまり意味があるとは思えないオランダ、そこでおじいさんの骨董店を手伝いながら、広場で肖像画を描くヘヨ
[茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ ] ×URL   2007/02/03(Sat) 12:46:04
 DAISY【韓国映画】
DAISY(2006年) 見ました。 原題:デイジー 데이지 邦題:DAISY デイジー <超概略のあらすじ> 1人の女性を同...
[Kio -朔北- De nuevo ] ×URL   2008/03/09(Sun) 13:10:08

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 窓の外 街路樹の道 ] All Rights Reserved.
http://blackcamui.blog.shinobi.jp/

検索
Shop.TOL
by TSUTAYA online




↓ブログ内検索↓
お小遣いサイト


懸賞・小遣い ちょびリッチ