忍者ブログ
見た映画忘れないように記録します。あくまで個人的感想なので、あしからず・・・。結構個人的趣味も入りまくりなので(゚ー゚;Aアセアセ   TB歓迎です。(関係無ものに関しては削除致します。)
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

b4977da6.jpgアラン・ムーア&デイビッド・ロイド氏による
同名人気アメコミを映画化した作品
独裁国家となった未来のイギリス。
ある時、労働者階級のイヴィー(ナタリー・ポートマン)は
外出禁止時間帯の夜に秘密警察に見つかり、
“V【ブイ】”(ヒューゴ・ウィービング)と
名乗る仮面の男に助けられる。

“V”は沢山の顔を持ち、とても紳士的な男であるが、
復讐鬼という別の顔も持ち合わせていた・・・。
“V”は腐った政府から国民を解放するべく、
イギリスの反逆精神の象徴11月5日
“ガイ・フォークス・デー”に、市民に国会議事堂前に集まるよう指示。

正義か?犯罪者か??"V"とは一体何者なのだろうか? 
 

 監督: ジェームズ・マクティーグ
※  ここから下、ネタバレ注意  ※



多分、私はCMで期待しすぎたんですね
まぁ、予告で期待しすぎるなんていつものことですが、いまいちでした。
なんといっても、話が中盤になるまで、
つまらなくて仕方なく、寝そうになってしまいました||l_| ̄|○l||

最後の最後で、少し面白いと思ったくらいです。
アクションというのか、サスペンスというのかわかりませんが、
どちらにしても、いまいち何かが足りなかったような気がします

なんか、ラストの方で、民衆にとって、
ヒーローみたいな扱いになるのですが、( ̄д ̄)エーあれだけで~
みたいな腑に落ちない感じが||l_| ̄|○l||

もっとゾロみたいに、暴れようよみたいな(笑)

お進め度 

まあ、普段から言ってますが、あくまでも、これは私の評価なのであしからず

久しぶりに超辛口感想になったなぁ(・ω・A;)アセアセ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 Vフォー・ヴェンデッタ
『V FOR VENDETTA』公開:2006/04/22(04/22,05/07) 監督:ジェームズ・マクティーグ製作: ジョエル・シルヴァー、アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー、グラント・ヒル 出演:ナタリー・ポートマン    ヒューゴ・ウィーヴィング 近未来のイギ....
[映画鑑賞★日記・・・ ] ×URL   2006/11/14(Tue) 10:15:18

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 窓の外 街路樹の道 ] All Rights Reserved.
http://blackcamui.blog.shinobi.jp/

検索
Shop.TOL
by TSUTAYA online




↓ブログ内検索↓
お小遣いサイト


懸賞・小遣い ちょびリッチ