忍者ブログ
見た映画忘れないように記録します。あくまで個人的感想なので、あしからず・・・。結構個人的趣味も入りまくりなので(゚ー゚;Aアセアセ   TB歓迎です。(関係無ものに関しては削除致します。)
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

監督:メル・ギブソン
cf6c638e.jpg時間:127分
公式サイト→

十二使徒の1人であるユダの裏切りによって捕らえられた
ナザレのイエス(ジム・カヴィーゼル)は、鞭を打たれた体で、
十字架を背負わされ、ゴルゴダの丘へと歩んでいた。
酷い仕打ちをうけてもなお、自分の命は奪われるのではなく、
自分の意志で手放すのだ、と語るイエスは、
十字架に掛けられ、生涯の最期の時を迎えた・・・。



聖書を少しでも知っていて、イエスがどんな人かをわかっていないと、
この話はわかりにくいのでは?と思える作品でした。

話は突然、ユダの裏切りのシーンから始まります。
そこから、始まる数々の残虐シーンに、涙が止まらなかった。
人はあそこまで残酷になれるものだろうか・・・?
罰をうけ、鞭で打たれるシーンでは、あまりに残虐で、恐怖を覚えました。
血の色も、リアリティがあり、イエス役のジムの演技は凄かった・・・・。
そんな酷い仕打ちの中で、イエスが思い出す昔の生活のシーンを、
見ていると、ますます涙がとまらなかった・・・・。
イエスは神様ではない。神の使い、救世主として、世に使わされた方。
悪魔というのも人間の心が生み出した、弱さかもしれない・・・・。
そこを、勘違いしてはいけない気がしました。

キリスト教信者の老婆が、ショック死をしたのも、頷ける作品でした。
拷問シーンは本当に酷いものなので、心臓の弱い方、
残虐な描写が嫌いな方は、絶対に見ない方がいいです
!!

オススメ度 ★★★☆
これは、あくまで、聖書を知っていて、残虐なものを見れる私の評価
普段残虐なものが平気な私でも、この作品は酷かった・・・。
やっぱり人間は一番怖いな・・・・と思ってしまう作品でした。

2005年08月26日(金) 20:13

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 キリストの受難
ちょっと今回は趣を変えて・・・ 皆さんメル・ギブソン監督の問題作「パッション」はご覧になったでしょうか??キリストの壮大な一生のうちの、有名な「受難」の部分に焦点を当てて生々しく描いた大作です。のですが、何の説明もなく物語りは進んでいくので聖書を知らない方にはただのグロイ映画にしかうつらないと思います。ナントモッタイナイ。 私が吹奏楽の演奏会で「交響曲第2番キリストの受難」を演奏したときに皆でキリストの一生について勉強しました。そのときの聖書訳が次の資料です。。 → ht...
[映画の世界 ~Memories of the Movies~ ] ×URL   2007/09/08(Sat) 02:27:27

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 窓の外 街路樹の道 ] All Rights Reserved.
http://blackcamui.blog.shinobi.jp/

検索
Shop.TOL
by TSUTAYA online




↓ブログ内検索↓
お小遣いサイト


懸賞・小遣い ちょびリッチ