忍者ブログ
見た映画忘れないように記録します。あくまで個人的感想なので、あしからず・・・。結構個人的趣味も入りまくりなので(゚ー゚;Aアセアセ   TB歓迎です。(関係無ものに関しては削除致します。)
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

監督:クァク・ジェヨン58b82e3a.jpg
時間:133分
公式サイト→
原題:クラシック

家の中で古い小箱を見つけるジヘ(ソン・イェジン)
中に入っていたのは、母ジュヒ(ソン・イェジン二役)の
35年前・・・1968年の手紙と日記帳だった・・・。

そこには秘められた母の初恋が綴られていた。
そして手紙は、ある事件をきっかけに
引き裂かれていく二人の悲しい現実を映し出して行く。


韓国映画で、珍しく気になってた作品。
母親の初恋の物語を読む娘さんのお話d(ゝω・*)иё

少し長く感じたのですが、素敵なお話でした。
途中に入る曲の歌詞が泣ける。

すべての人の想いが交差していて、最後に
娘の恋が母の初恋を叶えるかのように、話が進んでいく・・・・。

ジュヒの事を想いながらも、親友であるジュナの事をも考え、
家族への気持ちも考え、自ら消えようとしたテスの想い。
そんなテスの気持ちに応えられないジュヒ。
テスを想い身を引こうとするジュナ。

愛する事は人を傷つけ、そして傷つくものだよね・・・。

お勧め度 ★★★☆
先日遊びに行った友人宅で、原作を読んだ作品を、紹介。
原作読みながら、色々思い出して泣きました・・・。
久しぶりに見たいなぁ~

2004年12月05日(日) 14:49

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 映画「ラブストーリー」
原題:THE CLASSIC 虹と蛍とペンダント・・に込められた・・母から娘へ、そして父から息子へ・・親の世代の実らなかった悲しい恋が、その娘と息子で成就する愛の物語・・。 親の世代のジュヒ(ソン・イェジン)とジュナ(チョ・スンウ)、時代が時代ということもあり、愛する二人は引
[茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ ] ×URL   2007/05/26(Sat) 01:02:43

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 窓の外 街路樹の道 ] All Rights Reserved.
http://blackcamui.blog.shinobi.jp/

検索
Shop.TOL
by TSUTAYA online




↓ブログ内検索↓
お小遣いサイト


懸賞・小遣い ちょびリッチ