忍者ブログ
見た映画忘れないように記録します。あくまで個人的感想なので、あしからず・・・。結構個人的趣味も入りまくりなので(゚ー゚;Aアセアセ   TB歓迎です。(関係無ものに関しては削除致します。)
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

監督:蜷川実花
音楽:椎名 林檎
原作:安野モヨコ
時間:111分
公式サイト→ PG-12 sakuran_main2.jpg

真っ赤な金魚たちが宙を泳ぐ、大門をくぐると、
そこは華やかな吉原遊郭。

8歳の時、満開の桜を目に焼き付けながら、
吉原の遊郭(玉菊屋)に売られた少女は、
きよ葉(土屋アンナ)と名づけられた。
美貌と気性の強さで一躍売れっ子となった彼女は、
楼主(石橋蓮司)と女将(夏木マリ)の希望に応え花魁となる。
名を日暮(ひぐらし)と改め、吉原一の花魁となった彼女にある日、
武士の倉之助(椎名桔平)から結婚が申し込まれる。


公開前から、見に行こうと約束をしていたので、
見たくて見たくて仕方なかった作品を、やっと見れました
原作、音楽、役者さん達等がとても豪華なので、
公開前から、話題性も十分でしたしね

大好きな椎名林檎嬢が、音楽を担当という事で、かなり気になってましたが、
林檎嬢の世界観が、そのまま作品になったような感じ、よかった
っていうか、林檎嬢が監督でもよかったような気がします。
『茎』のPVを真似たようなシーンもあったし。

内容ですが、あの時代設定が好きなので、私は楽しく見る事が
出来ましたが、そうじゃないと、理解しにくい時代のような気がしました
(この手の話なら、どちらかというと「娼婦ベロニカ」の方が面白かったし。)
でも、感情移入しやすい私としては、結構涙しそうなとこも多々ありましたww

それにしても、エロいシーンが所々にあり、ちょっとドキドキでしたw
エロいから、ドキドキなのではなく、美しすぎて興奮(笑)
女性が見る、アダルトビデオみたいなイメージですwww

一応恋愛ドラマという事で、台詞の中では、きよ葉の
間夫(成宮君演じる惣次郎)に対する台詞が、印象的でした。
『このまま会えずにいたらきっと狂う』
『会ったらもっと狂う』

普通には会えないからこそ、余計に苦しいんだろうな

花魁の中では、管野美穂演じる粧ひが、個人的にはお気に入り
彼女は本当に色っぽかった~♪

お薦め度 ★★★★
作品を見ていると、わからない言葉がありますが(時代劇とは違うので)、
パンフレットに書いてあって、理解できました

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 映画「さくらん」
思わず「SAYURI」と「大奥」と川島なお美の「失楽園」と昔懐かしい「時間ですよ」を連想してしまう・・なんだか錯乱してしまいそうな金魚と桜と遊郭の世界 8歳にして吉原遊郭は玉菊屋へと売られてきた少女きよ葉、女将(夏木マリ)の元で花魁粧ひの付き人となり、美
[茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ ] ×URL   2007/03/19(Mon) 12:17:05
 さくらん
 遊郭ものといえば一昔前は五社英雄、そのはるか以前は溝口健二のお家芸でしたが、最近はあまり見かけなくなりました。たまに『SAYURI』のような作品が出現すること
[シネクリシェ ] ×URL   2007/04/27(Fri) 22:49:46
 さくらん−(映画:2007年81本目)−
監督:蜷川実花 出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂、永瀬正敏 、安藤政信、小泉今日子、石橋蓮司、夏木マリ 評価:74点 公式サイト (ネタバレあります) 綺麗でおしゃれな映画で、面白かった。 原色バリバリの映像美と、土屋アンナ演...
[デコ親父はいつも減量中 ] ×URL   2007/07/22(Sun) 20:27:56

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 窓の外 街路樹の道 ] All Rights Reserved.
http://blackcamui.blog.shinobi.jp/

検索
Shop.TOL
by TSUTAYA online




↓ブログ内検索↓
お小遣いサイト


懸賞・小遣い ちょびリッチ